旅速

一人旅 国内旅行 2ch(なんJ/VIP) まとめ 旅行サイト 旅スレ

    青森

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: チミル ★ 2020/03/04(水) 16:36:48.13 ID:ovlcIEN49
    2月1日から運賃を値上げした函館―青森間の2航路が、相次ぎサービス向上策を打ち出している。青函フェリーを共同運航する共栄運輸(函館)と北日本海運(同)は、4月25日乗船分からインターネット予約の受け付けを開始。津軽海峡フェリー(同)は今後、犬と一緒に船旅を楽しめる個室を全便に設ける。値上げによる顧客離れを防ぐとともに、新たな旅行需要を掘り起こす考えだ。

    青函フェリーを運航する2社は乗用車や旅客運賃などの予約機能を同フェリーのホームページに追加した。氏名や電話番号、メールアドレスの事前登録が必要で、決済はクレジットカードのみ。トラックなどを輸送する場合は従来通り電話で予約する。

    ︎┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
    ※引用ここまで。全文は下記よりご確認ください。

    03/04 05:00
    https://www.hokkaido-np.co.jp/sp/article/398871/

    引用元: ・【北海道】青函フェリー、ネット予約開始!犬と一緒に船旅を楽しめる個室も全便にできるよ

    【【北海道】青函フェリー、ネット予約開始!犬と一緒に船旅を楽しめる個室も全便にできるよ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2019/03/15(金) 13:24:16.96 ID:LBqhtyAP0
    no title

    no title

    no title


    彡(゚)(゚) 「ファッ!? これが青森駅!?何もないやんけ!」

    (´・ω・`)「…そう、何も無いんだ」

    彡(゚)(゚)(´・ω・`)「……」

    引用元: ・彡(゚)(゚)「青森県?どうせしょぼいんやろ所詮東北やし」(´・ω・`)「それではこちらをご覧下さい」

    【彡(゚)(゚)「青森県?どうせしょぼいんやろ所詮東北やし」(´・ω・`)「それではこちらをご覧下さい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    203: 風吹けば名無し 2020/02/16(日) 20:01:44.48 ID:TxVXAeW90
    新青森駅間違って駅外に出たら絶望するてガチなん?

    引用元: ・1人旅ワイ、青森駅で1人時間を潰す

    【新青森駅間違って駅外に出たら絶望するてガチなん?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    31: 名無しさん@いい湯だな 2016/01/01(金) 20:39:30.79 ID:7dEHcusW0
    ●青森・下風呂温泉・つぼた旅館 (http://www.tsubota.burari.biz/)

    冬の下北・下風呂温泉に行ってきた。2食付き10,950円(税込)×2泊。予約はじゃらんから。
    ビジネスプラン→お気軽プラン→その次くらいのグレードの「のんびりプラン」で予約。
    東京駅を9時ちょい過ぎに出発、待ち時間の少ない乗換えだったが、それでも宿到着が15時半。
    バス停から宿までの坂道は凍結していて、こわごわよちよち歩き。

    つぼた旅館は、坂道を登り切った所にある二階建てのお宿。全11室。お隣は共同浴場の新湯。
    客室は全て二階で、案内された部屋は6畳一間。ビジネス旅館のような素っ気ない部屋だが、
    きれいだし無問題。窓からの景色は隣接する旅館の屋根。少し背伸びすると海峡の海が望めるw
    部屋鍵あり。鍵の開閉にちょっとコツがいる。男女別トイレ。
    // no title
     外観
    // no title
     部屋

    風呂は男女別の内湯のみ。清掃時以外24時間可。男湯はゆったりと5~6人、女湯は一回り小さい。
    新湯源泉は浴槽内で灰白濁の硫黄泉。誰も入浴しない時間が続くと、激アツで加水・湯もみ必須。
    ヒバ造りの浴槽内で熱いお湯とのせめぎ合い。なかなか楽しかった。カランが4つ(内2つがシャワー付き)
    ストッキングの湯花キャッチャーがかわいらしくもあり時にはエロくもありw
    以前、新湯共同浴場に入浴した時は湯色は透明だったので、新湯の濁り湯初体験だった。
    // no title
     男湯
    // no title
     お手軽湯花キャッチャーと硫化水素でボロボロのカラン

    夕食は空き部屋で一人で。他の客と一緒になることはないと思う。ここの食事は美味しかった。
    一度出しだが、温かくあるべきものは温かい状態で供される。凝った料理ではないが、海の幸満載。
    酒の肴としてはやや濃いめの味付けも、個人的好みにドンピシャ。ご飯だったらいくらでも。
    朝食は階下の大広間で他の客と一緒。夕食に較べるとシンプル。布海苔入りの味噌汁、大好き。
    // no title
     夕食(1日目)
    // no title
     夕食(2日目)
    // no title
     朝食(2日目)
    // no title
     朝食(3日目)

    鉛色の海を思い描いてきたけど、冬にしては波も穏やかで青空も見えたりして少し拍子抜け。
    そうそう、長谷旅館は「工事のため休業」の貼り紙が掲げられたまま。
    手を加えた様子はないし、どーなるのだろ。
    // no title
     下風呂漁港から温泉街方向を望む

    引用元: ・【全国】一人旅OKの温泉宿★パート34【温泉】©2ch.net

    【【青森】下風呂温泉、谷地温泉、浅虫温泉旅行記】の続きを読む

    このページのトップヘ